アドセンスで狙うジャンルをどうしようか悩んでいる方多いみたいです。

アドセンスでとにかく稼ぎたいというのであれば、基本的には自分が勝てるジャンルの中で一番アクセスが多く単価が高いジャンルを選ぶと良いと思います。

  • アドセンスで単価が高そうなジャンルを確認する
  • 自分の持っているアセットを確認する
  • 持っているアセットで勝てるジャンルを見つける
  • 見つけたらそのサイトを作る

という順番です。

①アドセンスで単価が高そうなジャンルを確認する

アドセンスで単価が高そうなジャンルはいくつもありますが、主なところは下記のようなジャンルです。

  • 金融(キャッシング・カードローン・クレジットカードなど)
  • 婚活(結婚相談所・マッチングアプリなど)
  • 脱毛・エステ
  • 健康食品(青汁など)
  • 投資(株式投資・FX・仮想通貨取引など)
  • 転職
  • 不動産(引っ越しなど)
  • 自動車(保険・中古車など)

大体こういったところがアドセンスでクリック単価の高いジャンルになります。

色々ありますが、リクルートがやっている事業が大体単価高いです。

これは、リクルートは人生の一大イベントにまつわるサービスを多く扱っており、そのジャンルは総じてクリック単価が高いものであるからです。

また、リクルートが一杯広告出稿していることも理由として少しあります。

ですので、リクルートのHPからどんな事業をやっているかを見て、ここからお金をもらえるようなサイトを作ろうと考えると想像しやすいですね。

②持っているアセット(強み)を知る

クリック単価の高いジャンルは分かりました。

しかし、実際にはクリック単価の高いジャンルは競合も強くなります。

お金が儲かる場所には、それなりに強い競合がすでに存在しています。

ですので、次に考えるのは自分がどういった力を持っているかということです。

例えば10社からキャッシングしていたので、お金の借り方や上手な返済方法には詳しいということであれば、それは大きな強みです。

他にも小説家志望で文字を沢山書いてきたというのであれば、記事数・1記事の文字数を沢山書けることが強みになります。

そこまでのことがなくても、例えばサラリーマンで安定したお金があり月5万円位なら記事制作に投資ができるというのも十分強みです。

とにかく自分が持っている強みを洗い出してみて、他の人と差別化ができることを見つけましょう

③持っているアセットで勝てるジャンルを見つける

持っている強みを見つけられたら、次に勝てそうなジャンルを見つけましょう

見つける方法としては、候補のジャンルにまつわるキーワードでいくつか検索をしてみてください。

例えばキャッシングであれば「アコム 借り方」や「キャッシング 返済方法」などです。

検索をして上位に来るサイト達があなたの未来の競合です。

ここに勝つ必要がありますので、自分の強みを使ってどうやったら勝てるかを考えましょう。

例えば「アコム 借り方」で上位に表示される記事の内容が薄いなと感じて、それよりも濃い記事を書けると思えばそのジャンルは有力候補です。

こういったことを全ジャンルでやってみて、どこが一番有望かを考えましょう。

④勝てるジャンルを見つけたらアドセンス用にそのサイトを作る

まずはキャッシングの中でも返済方法に特化するなどでも良いと思います。

新規にサイトを作っても、アクセスは中々伸びません

ですので、ある程度ジャンルを絞って作成していき順位が伸び始めたら徐々にジャンルの幅を広げていくことをオススメします。

サイトの作り方は今持っているスキルに合わせると良いと思います。

サーバーを借りて独自ドメインでWordpressを設置するのが一番良いと思いますが、もしそのスキルを持っていない場合には、はてなブログでブログを開設する形でも良いと思います。

昔ほどSEO面での強みはないですが、それでも良い記事を書けばアクセスを伸ばしていくことができます。

ひとまず50記事を目標に記事を書き、それでやっぱり難しそうと思えば他のジャンルへ行くのも方法です。