競合が弱いキーワードを狙っていくことが、アクセスを集める上で重要です。

そこでここでは、競合が弱いとはどういうことかをご紹介します。

簡単にまとめると下記になります。

競合が弱く検索ボリュームがあるキーワードを見つけることが大事

検索ボリュームが多いのに、競合が弱ければ大チャンスですよね。

簡単にアクセスを集めることができます。

そのため、短期間でアクセスを稼いでいくにはこの狙い目となるキーワードを探していくことがとても大事です。

私も2ヶ月で月10万PVペースのサイトを作った時も、最初は500くらいのキーワードをリストアップしました。

そしてそこから、競合が弱いキーワードを探していき最終的に50に絞っています。

記事をやみくもに作っても、アクセスを稼ぐことはできません

まずは、しっかりと勝てる領域を調査することが大切です。

自分がどんなコンテンツを作ることができるかも忘れずに

競合が弱いかどうかの判断は、自分と比較した時に強いのか弱いのかです。

一般的に弱い競合だとしても、自分にそれに打ち勝つコンテンツを作る能力がなければ勝つことはできません。

逆に、ある程度しっかり作り込まれている競合に対しても勝てるコンテンツ作りができるのであれば、勝負しても良いでしょう。

自分がどんな記事を作ることができるのかをしっかり事前に把握しておきましょう。

・1記事あたりどの位の文字数を書けるか
・その記事の品質はどの位か
・サイトをSEOに向いた構造にできているか
・被リンクを集めることができるか

この辺りを理解しておくことで、競合に対して勝てるのか判断することができるようになります。