狙ったキーワードで順位を上げるには独自のコンテンツが必要になります。

その記事独自の価値があれば、Googleが良いサイトと認識して順位を上げてくれる可能性が高まるからです。

しかし多くのメディアでは他のサイトに掲載されている記事を少し修正してオリジナルの記事のようにみせる、いわゆるリライトをしているケースが多いです。

たしかにリライトでも順位が上がるケースもあるため、このような行為をしているのでしょう。

けれど、独自コンテンツはいくらでも作ることができます。

プロに執筆依頼

一番オーソドックスなのはプロに執筆依頼することですね。

単価は高いですが、その道のプロですから知識は豊富ですし独自性だけではなく信頼性の高いコンテンツを作ることができます。

個人的な出来事を書く

次に個人的な出来事を具体的に書くことも独自性になります。

パーソナルな部分ですから、自分自身しかオリジナルなものはありません。

そのため、どう書いても独自性のあるコンテンツになります。

そんな特筆することがないと思っている方も、実は他の人は経験をしたことがない体験をしているかもしれません。

一度これまでの経歴や体験を紙に羅列して、友人などに見せてみましょう。

すると「お前、こんなことしてたの?」と驚かれることが1つは見つかります。

それを記事にしていけば、独自性のあるコンテンツのできあがりです。

口コミを集める

他には口コミを集めることも独自性になります。

注意点としては口コミは文章として品質が低い傾向にあることです。

そのため口コミの集合体となった時に、文章としては品質の低いページになる可能性があるため良質な口コミを集めるようにしましょう。

独自の指標を作る

最後に独自の計算による指標を作ることもオススメです。

例えば野球では色々な指標がありますよね。

打率などは有名ですが、それ以外にも出塁率と長打率を足し合わせたOPSという指標もあります。

現在ではこのOPSによって打者としての実力を測るというケースも増えてきています。

このような独自の指標を作り、それを掲載することでその競技やジャンルを今までと違った視点で見ることができます。

そのため、何かメジャーなジャンルにおいて独自の指標を作り出すということは独自性を出す良いものになります。

独自性を作れば、検索順位は上位を狙える

このように、独自性のあるコンテンツというのは考えればいくらでも生み出すことができるものです。

またリライトによる記事合戦が流行っている今だからこそ、こうした独自性のあるコンテンツを作れば検索順位も上位にしていくことができますよ。